イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2008/09/27 08:24
今週の英音楽ニュース(26/09/2008)
Sony Ericsson confirms plans for unlimited download service - Music Week(24/09/2008)
Sony Ericsson launches PlayNow™ plus - unlimited music download service - the Sony Ericsson's press release(24/09/2008)

以前お伝えしていたソニエリの無制限音楽購読サービスに向けての動き(参照:今週の英音楽ニュース(11/09/2008))の続報になりますが、最初はスウェーデンから開始のようです。イギリスでのサービス開始は来年以降。Music Weekによれば、NokiaのComes With Musicとは違って、4大メジャー全てと手を結んでいることを強調しているとのこと。その他、業界を先行く多くのインディレーベルもこのサービスに参加するようです。前回「全てDRM-free」とお伝えしましたが、プレスリリースによれば、契約終了後、視聴数の多かった楽曲のみが手元に残るようで(それなりの楽曲数は確保できる模様)、全ての楽曲が他のMP3プレイヤーで聞ける訳ではないようです。ということは、このサービスに参加しているうちはソニエリの携帯端末と特定のPC以外では聞けないということのようです。
その他、SNSのようなコミュニティサイトの開設やリコメンド・システムもあるとのことです。

US industry agrees streaming deal - Music Week(24/09/2008)
Streaming Music Royalty Deal Revealed - Media Week(23/09/2008)
アメリカのRIAAとthe National Music Publishers' Association, the Nashville Songwriters Association International and the Songwriters Guild of America、Digital Media Associationが、デジタル配信関係(DL制限があるもののみ)の企業に対する印税の分配率を収益の10.5%にすることで合意に達したとのことです。これはシンガーソングライターがもらう分より少ないとのこと。10月2日よりこの分配率が適用になる予定。そういえばそうゆう問題もあったか、と思ったニュースでした。

Ticketmaster posts revenue increase - Music Week(24/09/2008)
Ticketmaster(日本の「ぴあ」みたいなもの)の2008年4-6月期の国内収益が31%アップとのことで、相変わらず好調なライブ産業。「Live Nationとは契約終了の2010年3月以降契約を更新しない予定」とビックリな報告もあったようです。それはもしかしたらこれが関係してるのかな?と思ったニュースが以下。

Live Nation,イベント会場運営大手のSMGとチケットの独占販売で合意 - IT Pro(12/09/2008)

このLive Nationは音楽産業勉強するなら絶対知っていなきゃならない会社なのですが、日本での知名度があまり高くない気がするので、日本語のwikiのページ・・・と思ったら項目がない!Live Nationは、一言で言うと、ポピュラー音楽の有識者からはあまり良いイメージで見られていない会社です(マネージメント関係の有識者なんかは違った目線で見ているのかも)。ヨーロッパにも進出して、その地域のライブ文化が変えられて音楽ファンから批判を買ったりしているという話も聞いたことがあります。問題になっているのは、Live Nationはプロモーターでありながらアーティストのマネージメント(マドンナとか)やレコーディング、アーティストのグッズ製作などありとあらゆることを全てやってしまっている点。それがどれほど他企業やその国の音楽文化に影響を及ぼすのかが私がまだ分かっていないところなのですが、米メディア関連会社クリア・チャンネル(ライブ録音をそのライブ終演後にそのまま販売したり、特定の会場でライブをやったアーティストはクリア・チャンネルのラジオ局でプロモーションをしなければならず、しかも他のラジオ局への出演は許されない、等といった戦略を持ち批判を受けている会社)と手を組んでいるところを見ると、やっぱりイメージはよくありません。この2つの会社についてはちゃんと勉強しなくては。

+++++++++++++++++++++++++

話が逸れてしまいましたが、最後に少しばかり余談。
Glastonbury festivalのオーガナイザーMichael Eavis氏が「来年のチケットはクリスマス前に売りきれるだろう」とコメントしたようです(→URL)。10月5日にチケットのプレ・オーダーがあり(ただし、これはチケットの購入ではなく、チケットの販売時にチケットを確保するための予約、みたいなもの)、プレ・オーダーに参加するためのプレ・レジスターを現在も実施中(参照:official website)なのですが、レジスターの数が既に予想を遙かに上回っているそう。そのプレ・オーダー前には来年のヘッドライナーも発表される予定なのですが、結構良い名前が挙がっていて個人的に期待大(でもコープレはないらしい・・・涙)。行けるか分からないのにとりあえずプレ・オーダーするつもり満々で既にレジスター済み。行く予定の人がいたらご連絡お待ちしております。
スポンサーサイト
今週の英音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
自分磨き -FoAの講座受講編- | Home | 大学院生活、最初の1歩
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。